売却時の注意点|不動産購入時の注意点|税金に気をつけよう

不動産購入時の注意点|税金に気をつけよう

売却時の注意点

集合住宅

マンションを売る時には室内の設備についても状況確認が必要です。その理由としては契約を結ぶときに瑕疵担保責任が生じるからです。売却後にあらかじめ報告していない欠陥が見つかってしまったら修繕する義務があります。トラブルにならないためにも設備状況については細かく伝えておいた方が良いでしょう。修理しなければならない状態のものでも報告しており合意の元で契約するならば修繕の必要はありません。修理してから売却するのか、修理せずに価格を下げて売却するのかは売主の判断にも委ねられます。マンション価値は築年数が経てば下がっていきます。戸建てと異なり、根本的な骨組みなどの修繕は自分の意思で出来ませんから注意しましょう。

売却前に必ず行うことになるのがマンションの査定です。査定は大きく分けて2パターンあります。物件を直接見ずに情報だけで判断する机上査定、実際に物件を内見してから査定する訪問査定があります。正確な査定が期待出来るのは訪問査定です。マンションを売る前に一括査定を行ってください。一括査定とは一度の申し込みだけで複数業者に査定依頼をすることが出来るシステムです。この時に、最初に行われる査定として机上査定があります。この査定を経て業者とやり取りを行って、良い業者が見つかったら訪問査定を行いましょう。売る前には必ず行うことです。査定額が高いからと言って高額で売ることが出来る保証はありませんが、大体の目安にはなります。