不動産購入時の注意点|税金に気をつけよう

希望に合う物件を探そう

マンション

ペットと暮らすマンションの購入を杉並区で考えているなら、ペット飼育可の中古マンションがおすすめです。物件選びの際には周辺環境や利便性をチェックした上で、家族構成やライフスタイルに合う物件を探すようにすると良いでしょう。

もっと読む

湘南エリアに住むなら

積み木

若者からファミリー層まで利便性の高い生活を送れる街として知られている藤沢は、都心や横浜へのアクセスが良く、人気があります。都心と比べて家賃相場が安めな点もポイントです。不動産購入を考えている方は、リノベーション物件を購入する事で、理想の住まいをリーズナブルに手に入れられます。

もっと読む

売却時の注意点

集合住宅

マンションを売る前に査定を行うのが一般的です。査定には情報のみで判断する机上査定と実際に物件を見て行う訪問査定があります。現実的にマンションの売却を考えているならば必ず訪問査定をしてもらってください。

もっと読む

買った後に課税

メンズ

資金の一部として準備

不動産を購入する際には、その不動産の価格以外の資金を用意する必要があります。というのも、不動産の購入では複数の税金が発生するからです。具体的には、購入する不動産が建物という場合には、消費税が請求されることになります。土地の場合は消費税は課税されませんが、印紙税や登録免許税の支払いは必要となります。また、建物の場合も土地の場合も、購入してから数ヶ月後に、不動産取得税という税金が請求されることになります。ただし、特定の条件を満たしている不動産の場合は、軽減措置により安くなることがあります。具体的に何円の税金を支払うことになるのかは、不動産売買の仲介をおこなっている業者への相談で、知ることができます。あらかじめ税金の額を把握しておけば、購入資金の一部としての準備が可能となります。

固定資産税の清算

また不動産の購入では、しばしば元の所有者との間での固定資産税の清算が必要となります。というのも固定資産税は、毎年1月1日の時点で所有していた人に、12ヶ月分が課税されるからです。そのためたとえば7月に購入したという場合には、7月以降の約6ヶ月分の固定資産税を、元の所有者に支払うことが必要となるのです。清算は任意でおこなうことなので、税務署からは請求書が届きません。つまり、元の所有者が納得するような形で、個人で計算して支払わなければならないということです。仲介業者の多くは、こういった固定資産税の清算もサポートしています。不動産の専門家に第三者として間に立ってもらうことで、元の所有者との固定資産税におけるトラブルは少なくなるでしょう。